Home > 製品情報 > 計測・制御システム > コンテック製AD対応製品

計測・制御システム

汎用データ収録ソフトウェア EFRP-LT III

EFRP-LT III の特徴
メロンテクノス製 計測ライブラリで高効率収録
最大32チャンネル、最大サンプリング周波数100KHz
32チャンネルリアルタイム波形モニタ−搭載
収録データは、リアルタイムにディスク保存
標準的なリソースのPCでご利用可能
多彩なトリガー機能搭載
スペクトル分析、デジタルフィルター機能搭載
計測条件の複数登録、階層構造でのデータ保管
ファイルはオープン仕様

応用分野
振動、音響、生体などの一般的なデータ収録用です。
・32chのデータレコーダやオシロスコープとして
・長時間のデータモニタリング用として
・検査用データ収録機器として
・観測用、現場設置用収録装置として

収録機能
@ 収録総チャンネル数 1,2,4,6,8,…32ch(1chを除き、偶数ch)
注)サンプリング周波数が20KHz以上の場合は最大2ch。
A 収録データ数 本収録時の最大計測データ数は次式による。
収録データ数 = 192000000 / ch数
B データサンプリング方法 ■サンプリング間隔指定
 指定間隔 : 1〜3600 [sec]
■サンプリング周波数指定[Hz]
 1,2,5,10,16,20,32,50,64,100,128,200,256,500,512,
 1000,1024,2000,2048,4096,5000,8192,10000,
 20000,50000,100000 [Hz]
注)リアルタイム波形モニターは5KHz以下。
注)ADボード毎に最大サンプリング周波数は異なります。
C トリガー機能 ・プリ、ポストトリガー(最大200データ)
・レベルトリガー(絶対値、上下閾値)
(1KHz以下のサンプリング指定時で最大9999回)
・レベル維持区間自動収録機能
・時間間隔指定(日、時、分、秒での間隔指定)
・時刻指定(年、月、日、時、分、秒での指定)
・時刻トリガー(時間間隔、時刻)最大数 200回
D オフセット収録/校正機能 オフセット除去、校正信号収録にも対応。
・正弦波、矩形波校正信号から校正係数等算出
・動歪アンプ等の正負校正信号から校正係数算出
・2点の各時系列の平均値から校正係数算出

EFRP-LTV

時系列解析
・波形表示機能
・移動平均処理
・デジタルフィルタ処理(LPF, HPF, BPF, BSF)
・積分(線形加速度法)
(加速度波形から速度や変位を計算可能)
・カーソルによる最大値と時間位置読み取り
・データテキスト出力

周波数解析
・パワースペクトル
・パワースペクトル密度
・振幅スペクトル
・振幅スペクトル処理(角振動数で乗算、除算処理)
・FFT点数は、16〜8192点(但し、2のべき乗)
・スペクトルの平均化機能

動作環境
OS Windows 10 ( 64bit )
CPU Intel Core i5 以上(推奨)
memory 8GB以上
SSD or HDD 120GB以上
ディスプレイ 1920×1080pixel 以上
その他 USB 2.0 ポート

対応ADコンバータ
CONTEC製 (USB接続)
  AI-1608AY-USB
  AIO-163202FX-USB
  AIO-160802AY-USB
  AIO-160802GY-USB
(PCIexpressスロット用)
  AIO-163202F-PE
  AIO-161601UE3-PE + ATUH-16A(PCI)
(PCIスロット用)
  ADA16-32/2(PCI)F
  AD16-16U(PCI)EV + ATUH-16A(PCI)

ページの先頭へページの先頭へ